メニューの上:森林

Shares
0

Most popular

Christine Padoch
「森林と生計」プログラム部長、 国際林業研究センター(CIFOR)

我々人類が地球の上で生きたきた間のほとんど、森林、草原や他の自然の地域から直接食料を得てきた。しかし、大半が都会で生活する種となり、人口も増え、 地上の姿を大きく変えてきた今、地球上で数十億に増えてしまった人類を養い続ける森林の役割について、我々はしばしば忘れてしまうか、ひどく間違った理解をしている。

森林学分野の国際学会誌International Forestry Reviewは「森林、生物多様性、食糧保障」に関する特集を組み、こうした誤解を正すための一歩を踏み出した。編者のテリー・サンダーランドとアラン・ ポッティンガーは、複数の分野と国々にまたがり、著者達の多くがそれぞれの分野での開拓者である9つの論文をまとめるにあたって、とくに人口や需要が増加し、変化す るにつれ、食糧保障にとって森林の重要性は消えたという神話を払いのけようとしている。編者らは、森林がどのように食糧保障、栄養、健康的な人間生活などに貢献しているかという問いに対して、豊富なデータや解析とともに、様々なアプローチと見地に焦点を置く論文を総括している。この総括によって、先に挙げた2つの今日的な最大の課題、つまり、森林と多様な生態系サービスを保護する必要性、そして増加する人口に食糧生産を追いつかせることの緊急性は両立不可能な目標でないことが示されている。しかし、これらの論文は、個々にあるいは全体として、森林と食糧保障の関連性は多面的で複雑であるうえに、しばしば目にし、記載し、測ることが難しいことも示している。この関連性が持つ意義と測ることの難しさの双方を理解するための鍵は、多様性を様々な形で、あるいは様々な次元から見て正しく理 解することである。

この特集の編者らは、その論説の中で「森林は生物多様性にとっての大きな源であり、そのことによって、人々の食糧保障と切っても切れないつながりを持っている」と断言することから始めている。その後に続くいくつかの論文は、遺伝子、種、生態系レベルで森林の生物多様性がどのように世界中の農山村や都市の人口を養っているかについて少し詳しく述べている。約十億人の人達が食糧や収入源として野生の収穫物に頼っており、これらは都会の人の目には映らず、公的な資料にも載らないが、食糧としての森林からの直接の収穫は大量で、しばしば欠かせないものとなっている。たとえば、ナシ、テイバー、ヴァン・ヴリエットらによる研究によれば、コンゴ盆地だけでも、 なんと約450万トンもの野生獣の肉が毎年森林で獲られているということである。このような食糧源としての直接の貢献によって、かなりのカロリーだけでなく、地域の人々にとって必要なたんぱく質や微量栄養素の多くがまかなわれている。

森林が直接、食糧生産に対して果たしている貢献の重要性は、実際には森林がその外で食糧生産に果たす貢献によって覆い隠されている。サンダーランドが「食糧生産:なぜ生物多様性が重要なのか?」というタイトルの論文で示唆しているように、水流出と水質の制御、花粉媒介、作物の品種改良のための遺伝資源の提供、栄養循環や土壌の肥沃度の維持、異常気象の緩和、農業病害虫の制御、そのほかにもある農業にとって不可欠な機能について記載することも含め、森林が農業にもたらす「自然の資産」についてはもっとよく理解する必要がある。これらのサービスは、最も近代的なアグリビジネスも含め、"全てが多かれ少なかれ、生物多様性かその一部に依存しており、農業システムの維持にとって欠かせない過程"になっている。

しかし、森林と食糧保障の関連性を十分に理解するためには、生物多様性だけでなく、森林やアグロフォーレスト(樹木の間に農作物が植栽された林地)を使い、管理し、操作し、創造さえする人達の社会と文化の多様性について、適切に理解しなければならない。また、異なる伝統文化を持つ人々の間で、特定の土地に長く住んで きた人達と新しく移ってきた人達の間で、また男女間で、複雑多岐かつ変化する、森林、栄養、そして健康の間の関連性について、ワンとコルファーが広範囲に わたって議論している食糧保障にまつわる性差の話題とともに、いくつかの論文は詳しく述べている。

生物と文化の多様性を適切に理解することは森林と食糧、そしてこれらの多様性がもたらす、豊富な資源、サービス、知識や実態について理解するための核心部分である。このことがこの特集のほとんどの論文で語られている中核的なメッセージである。しかし、その豊富さが同時になぜ、食糧保障において森林が果たす 最も重要な役割が正しく理解されなかったかという理由の一つに繋がる。太陽の下で穀物が実り、畑が波打ち、短い季節の間に刈り取られる光景に比べると、レアード、 アウング、ライシング、ヌイーブらが中央アフリカのカメルーン山周辺に住む人々を支える森林からの資源として同定したような「400以上の植物種が…広範 囲の生息環境から採られ、様々な状況の管理下に置かれ」という状態は、見、測り、理解することがはるかに難しい。この特集は、混在する多様性とともに、農山村でも都会でも同じように、食糧保障に対する森林の貢献が決定的に重要であることを理解しはじめるための一つの道を記している。さらに、この特集は概して、答えは上述したように、多様なアプローチ、見地、方法、手段というように、多様性にある、ということを示唆している。

[日本語訳 : 杉村乾(森林総合研究所, CIFOR) k.sugimura@cgiar.org

(Visited 35 times, 1 visits today)

Further reading

Arnold, M; Powell, B.; Shanley, P.; Sunderland, T.C.H. 2011 Editorial: Forests, biodiversity and food security. International Forestry Review 13(3): 259-264

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3576.html

Sunderland, T.C.H. 2011 Food security: why is biodiversity important?. International Forestry Review 13(3): 265-274

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3577.html

Laird, S.A.; Awung, G.L.; Lysinge, R.J.; Ndive, L.E. 2011 The interweave of people and place: biocultural diversity in migrant and indigenous livelihoods around Mount Cameroon. International Forestry Review 13(3): 275-293

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3624.html

Dounias. E.; Froment, A. 2011 From foraging to farming among present-day forest hunter-gatherers: consequences on diet and health. International Forestry Review 13(3): 294-304

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3625.html

Powell, B.; Hall, J.; Johns, T. 2011 Forest cover, use and dietary intake in the East Usambara Mountains, Tanzania. International Forestry Review 13(3): 305-317

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3677.html

Ibarra. J.T.; Barreau, A.; Del Campo, C.; Camacho, C.I.; Martin, G.J.; Mccandless, S.R. 2011 When formal and market-based conservation mechanisms disrupt food sovereignty: Impacts of community conservation and payments for environmental services on an indigenous community of Oaxaca, Mexico. International Forestry Review 13(3): 318-337

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3626.html

Jamnadass, R.H.; Dawson, I.K.; Franzel, S.; Leakey, R.R.B.; Mithöfer, D.; Akinnifesi, F.K.; Tchoundjeu, Z. 2011 Improving livelihoods and nutrition in sub-Saharan Africa through the promotion of indigenous and exotic fruit production in smallholders’ agroforestry systems: a review. International Forestry Review 13(3): 338-354

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3611.html

Nasi, R.; Van Vliet, N. 2011 Empty forests, empty stomachs? Bushmeat and livelihoods in the Congo and Amazon Basins. International Forestry Review 13(3): 355-368

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3580.html

Wan, M.; Colfer, C. J. P.; Powell, B. 2011 Forests, women and health: opportunities and challenges for conservation. International Forestry Review 13(3): 369-387

http://www.cifor.org/nc/online-library/browse/view-publication/publication/3581.html

Most popular